MENU

「SWELL」を使ってみた感想をまとめました。どこがいい?

目次

「Gutenberg」に完全対応

簡単に言うとメッチャ書きやすいってことです。

これから始める人は知らなくてもいいんですが、一昔前は WordPressって結構慣れないと大変でした。以前の記事の書き方に慣れてる人は「Gutenberg」に変えるとやりにくかったはずです。でも実際「Gutenberg」を使ってみるととんでもない書きやすさで、 WordPressでの記事作成がかなり簡単になりました。

SWELL専用の独自ブロックで装飾が楽ちん

いろんな独自ブロックで装飾も楽ちん

画像引用 SWELL公式

よく使うSWELLオリジナルのカスタムブロック

ふきだし

こんな「ふきだし」が簡単に呼び出せる

  • 右からや左からなどの設定もできる
  • 中の画像も変えられるし、枠なんかも設定できる
  • 一度設定してしまえばクリックですぐ呼び出せる

広告タグ

簡単に設定した広告が呼び出せる下のは「バナータイプ」

  • 『バナータイプ』『テキストタイプ』『アマゾンタイプ』『ランキングタイプ』から選べる
  • 一度作ってしまえば呼び出しは簡単!
  • 複数作ることができる(足りなくなることはないとは思う)
  • 広告を変える場合は記事ごとに変えなくても、元を変えればOK

広告を変更したい場合は記事ごとに変更しなくてもいいのでとても楽ちんです。

ブログパーツ

最強に便利です。使わないのはもったいない

ブログパーツ呼び出し例
テーブル1テーブル2テーブル3
これは例です
ブログパーツの説明

ブログパーツは上のように『文字』『テーブル』『ボタン』などを登録したものは簡単に呼び出すことができます。いつも使う広告やテーブルを1つのセットにしておけば毎回設置したりコピペしたりしなくてもいいんです。ブログパーツも内容を変更すれば全ての記事に反映されますので、紹介してる内容(金額など)の変更があれば一括で変更できます。

キャプションボックス

記事を見やすくするためにキャプションボックスはおすすめ

ここにタイトルとかcheck!とか入れる
  • リストも入れ込める
  • 箇条書きの説明にも最適。

こんな感じで最後に補足を入れれば見やすくできる。もちろん色も自由に変えることができる

パターン

あわせて読みたい
『SWELL』パターンとブログパーツ使えば記事書くのめっちゃ早くなる話 ワードプレスのテーマ『SWELL』ではパターンとブログパーツというとても便利な機能があります。この二つをうまく使い分けることができれば記事の装飾は簡単にできます。...

かなり記事の執筆が楽になる

他の有料テーマを使ったこともありますが、作業がかなり楽です

文字の間隔や画像の間隔などがデフォルトでも綺麗に見える。装飾に時間がとらわれないので記事の執筆にじかんが使えます。

装飾もシンプルで見やすいものが揃っているので、記事の執筆に集中できます。

簡単にかっこいいデザインのWebサイトを作れる

当ブログはあまり参考になりませんが・・かなりシンプルな仕上げにしてます。

初心者でもかなり綺麗にWEBサイトのデザインができます。「個人事業主」「会社のコーポレートサイト」「ブログ」「飲食店」「エステ」など様々なWEBサイトが作れます。

SWELLで作ったかっこいいサイトの例

見た感じほとんどSWELLだけの機能で作っている

画像 薬局うさぎや
画像 株式会社QOL

カスタマイズが直感的

カスタマイズが見やすく直感的にできる

画像引用 SWELL公式

ヘッダーやフッター、サイドバーなどのカスタマイズが直感的にできるので初心者向けです。SWELLオリジナルのカスタムだけでWEBサイトはブログタイプにも企業のコーポレートにも変化します。

機能性が高いので最小限のプラグインでOK!

プラグインは入れすぎると情弱になったり表示スピードが下がる

公式が進めるプラグイン

ほぼ必須

  • SEO SIMPLE PACK

開発者が個人的にオススメ

  • WP Multibyte Patch
  • XML Sitemap & Google News
  • WP Revisions Control
  • Wordfence Security など

これ以外にもおすすめしているものはSWELL公式ページから確認できます。

推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグインについて

内部SEO対策済みでSEOに強い

内部SEOがしっかりしてるから WordPressの初期設定終われば記事書くだけでいい

内部SEOが強いのでWEBサイトが上位表示しやすくはなりますが、一番重要なのはコンテンツなのでSWELLだから上位表示できるわけではありません。しかし、実際にいろんな WordPressのテーマを使った人がSWELLに乗り換えして「検索数が増えた」とか「上位表示された」と言う報告が多数あるのは本当です。

ウィジェットが多いので色々できる!

自分の好きなパーツをウィジェットに表示できる

例えば『記事下部』に広告表示したいときは『ブログパーツ』で作成したものを入れるだけで全ての記事の下に表示することができる。

当ブログでは『共通サイドバー』の一番下に『広告タグ』で作った『SWELL』の広告を表示しています。

SWELLは複数サイトで利用可能

私も現在3つのWEBサイトで使用中

WordPressのテーマ『SWELL』は買い切り型なので複数のサイトで利用可能。『カスタマイズ方法』は色々あるので、一度買ってしまえばブログからコーポレートまで対応可能。

フォーラムで意見交換・質問ができる

もし困ったことがあれば親切に教えてくれます、現在はディスコードもあるようです。

出典 SWELL公式

アップデートの頻度が多いので安心

出典 SWELL公式

他のテーマから乗り換えはプラグインが用意されている

もし他のテーマを使っていても乗り換えプラグインがあるので便利!

公式が提供する乗り換えのプラグインでテーマの乗り換えがスムーズにできる。テーマの乗り換えはとんでもないくらい主星が大変なのでこのプラグインは嬉しい。下に書いてあるテーマに対応している。

レイアウトの崩れやエラーを最小限に防いでくれるので修正が楽になります。

  • SANGO
  • JIN
  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • STORK
  • THE THOR

まとめ

SWELLの「いいところ」をまとめました!

SWELLの「いいところ」
  • 「Gutenberg」に完全対応
  • SWELL専用の独自ブロックで装飾が楽ちん
  • かなり記事の執筆が楽になる
  • 簡単にかっこいいデザインのWebサイトを作れる
  • カスタマイズが直感的
  • 機能性が高いので最小限のプラグインでOK!
  • 内部SEO対策済みでSEOに強い
  • ウィジェットが多いので色々できる!
  • SWELLは複数サイトで利用可能
  • フォーラムで意見交換・質問ができる
  • アップデートの頻度が多いので安心
  • 他のテーマから乗り換えはプラグインが用意されている

以上、初心者でも簡単にブログやWEBサイトが作れるテーマ『SWELL』のいいところでした。よかったら使ってみてください。

\ ぼたんだよ /

※当ページの紹介しているリンクはアフィリエイトを利用しています

目次